2009年10月10日

法律の力

個人的に思うのですが、答案作成技術というのは、法律論の理解の裏返しでもあるのですから、合格圏内に入れないような人は、法律論を覚えてはいてもまともに理解できていないといって過言でないと思います。

そこで、自分は法律の力はあるのに答案の書き方がちょっとおかしいだけだから、そこを直しさえすれば、次は点数が跳ね上がって合格なんだ、みたいな考え方をすると落とし穴があるのかなと思います。

そうではなく、そもそも自分が法律論をちゃんと分かっていないんだと言うことを受け入れて、法律論についても基本からしっかり勉強し直すことが一番の合格への近道なのだと思います。

僕自身、答案作成技術を検討するにつれて、自分がうまく答案を作れない原因が、法律論の理解の不十分さに由来していることがよく分かりましたし。

ちなみに、最近はもうちょっとレベルが上がって、自分に何が足りないのかが具体的に見えるようになって来たので、基本書の読み方が変わってきていたりも。

ということで、やはり法律の力と答案作成技術は連動しているんだなぁと思う次第です。
posted by 佐藤誠 at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。