2009年11月06日

著作権法

知財の先生と話したどうでもいい話です。

・Winny事件

Winnyの名前の由来は、当時著作権侵害に悪用されていることが有名だったWinMXというソフトの、MとXのアルファベットをそれぞれ1つずらしてNとYにしたものです。

つまり、WinMXを進化させたものであるという意味合いが、このアルファベットを先へと1文字ずらしたことからも伺えるわけです。

僕はたまたまwikipediaの記事で見かけたことがあるので覚えていたのですが、知財の先生でも意外と知らなかったりするんですね。

・映画の著作物

映画の著作物には、「映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現されている」ものを含みます(著作権法2条3項)。

そして、TVゲームが映画の著作物に当たるかが問題になった訳ですが、非常にどうでもいいことに、実はTVゲームには映像のないものもあったりします。

それが「リアルサウンド〜風のリグレット〜」というゲームです(セガサターン用ゲームソフト)。wikipediaの紹介文を引用すると、「映像を一切使用しない音だけでプレイするゲーム」ということになります。

従って、このゲームは視覚が関係しないことから上記の定義には当てはまらず、仮に(判例で否定された三国志等も含めて)ゲームソフト一般が「映画の著作物」に当てはまるとしても、このゲームだけは弾かれてしまうことになります。

もし裁判でゲーム会社側が勝っていたらどうなっていたのかと思うと、ちょっと気になるところです。
posted by 佐藤誠 at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑法。

まだまだ刑法に力を入れる日々が続いています。

最近は、「本を読む→分からない所を箇条書きに整理→質問に行く→あっさり解決→レベルアップ」という流れが出来上がりつつあるので、成長速度が更にアップしています。

刑法は仕組みが分かると簡単になってくれて良いですね。もっと早く先生に色々と質問をするようにしておけば良かったです。
posted by 佐藤誠 at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。