2009年12月04日

30点。

民法の答練の結果が返ってきたところ、30/100点でした。しかも、甘めに付けてもその程度だとのありがたいコメント付きです。

論点と言えるようなものが一切入っていない純粋な「法律の文章を書く力」を問われる問題だったのですが、それだけに点を取るのが非常に難しかったです。

無駄な記載、論理矛盾、曖昧な点、誤魔化している点をことごとく指摘され、事案分析のズレを指摘され、散々な評価になってしまいました。

一流の実務家の先生による採点ということで、間違いをどんどん見つけられてどんどん減点されていくので、返ってきた答案は各所に赤が入っていてひどい有様です。

まあ、そのおかげで自分の答案の駄目なところが具体的に分かるので、本当にありがたい話なんですけど。


とりあえず、来週も添削して下さるとのことなので、今回の反省を活かしつつ、頑張って答案を仕上げなければ。
posted by 佐藤誠 at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。