2010年03月11日

純粋未修理論:各論(憲法)

過去問解説を聞きに行った際に、顔見知りの後輩(新3年生)に会ったので、色々と話をしました。

その際、憲法が苦手だと言っていたので、憲法の勉強方法についての考え方を伝えてみました。

以前に「純粋未修理論」なんて名前をつけて記事を書いたことがありますが、内容としてはその「純粋未修理論」の延長で「各論」に相当するものですね。

そのとき、たまたま作ったばかりの「人権パターン改」を持っていたので、それを示しつつ、人権の問題の解き方とその解き方ができるようになるための勉強方法について説明し、ついでに憲法という科目の対処法についても説明してみました。

長々と話してしまったのですが、その結果、後輩は内容について納得してくれたようで何よりでした。


ただ、その後輩から、「このやり方でいけば、今からで間に合うのか」なんて聞かれたときには、ちょっと心の中で苦笑いしてしまいました(汗)。

そもそも、純粋未修理論の各論(憲法)というのは、3年生の9月のTKC模試で公法系の偏差値が31(下位3%)しかなかったところからスタートしたものなんですよね。点数で言うなら、公法系は100点満点の筈なのに34点しか取れていなかった訳です(本番だったら足きりになる点数です)。

それを思えば、まだ3月の時点で始めるのなら圧倒的に状況が有利なのですから、間に合わない訳がありません。
posted by 佐藤誠 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。