2009年10月30日

肢別本

肢別本は、当初は分量がやたらと多い印象がありましたが、実際読んでみると、余りボリュームを感じないものですね。
(僕の使い方の特殊さにも由来していますが)

昨日買った民訴と刑法についても、それぞれまだ1.5周しか読んでいませんが、これから読み慣れるにつれて、どんどん早く読めるようになっていく筈です。

ということで、早めに全科目揃えて、普段の勉強とうまく併用していこうと思います。

まあ、商・刑・民訴の3冊に加えて、憲・行・民(2冊)・刑訴の5冊も増えるとなると、結構面倒そうですね。

8冊もあるのは困った話ですが、これで短答の点が上がるなら安いものだと思いますし、やっていてちょっと楽しいです。
posted by 佐藤誠 at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。